2017年


5月 大会 レポート
3日(祝) GWのマラニックのレポート 遠藤(治)
町田走友会ゴールデンウイーク練習会が今年も5月3日(水)に開催されました。今年で10回目の開催となり、町田走友会の催しとして定着してきた感じです。
コースは神奈川県の足柄駅から金時山を経由し、静岡県の足柄駅ゴールという林道、トレイル、激下りとバライティに富んだコースであった。
足柄から足柄へという松谷さんのダジャレでしたが、スタートゴールが同じと思っていた西山さんが大きな荷物を持って参加、新松田駅で荷物預けることとなった(距離に不安のあった齋藤さんもみんなに説得?され荷物を預けることになり途中リタイアをできないことになった。)。 次の電車で小田急足柄駅に向かった。
足柄駅に到着し、トイレを済ませスタート。松谷さんに住宅街のクネクネした道を案内してもらい足柄林道へ向かった(松谷さんはコンビニ、自販機の位置はもちろんポストの位置まで把握していた。毎回、松谷さんの綿密な計画には頭が下がります。)。
林道に入ると裏道として利用されているようで車の通りが多かった。差ほどきつくない登り坂を1時間登ると明星ヶ岳入口に到着。
ここからは金時山までトレイルが続く、私も2年ぶりのトレイルで明神ヶ岳を過ぎる頃には足を消耗しきってしまっていた!(10年前にあんなトレイルにはまっていたのがウソのよう…)
明神ヶ岳手前からは大きな富士山が目の前に見えるようになり、金時山では最高の絶景に、いままで何度が練習会で訪れているが、こんなに富士山がきれいに見えたのは今回が初めてだった。矢倉沢峠から金時山はハイカーも多くゆっくり登山。
金時山ではうどんを食べたり補給をして出発!足柄峠に出るまではかなりの激下りで誰がこんな道や階段を作ったのだろうと話しながらゆっくり慎重に下る。
激下りが終わると未舗装の広い下りの道に出るが、松谷さんがどんどんペースアップ、さすがの西山さんもついて行けなくなる!
足柄峠からは無理をせずゆっくり下り足柄駅に到着。近くのコンビニで打ち上げ用のビールを購入し、温泉へ向かうが、ここで松谷さんからサプライズのお土産が、なんと温泉までのラスト1キロは激登りが用意されていた!ここで体力自慢の鈴木さんもさすがに力尽きてしまった!が、みんな無事にゴールの温泉に到着するとここでも絶景の富士山が出迎えてくれた。
今回は終始、富士山に見守られるコースとなった!
ゴール後は温泉に浸かり、この時のために走ってきたビールで打ち上げを行った。
☆各ポイントの通過時刻(5〜10分の休憩含む)
7時50分 足柄駅スタート
9時15分 明星ヶ岳入口
10時00分 明星ヶ岳
11時00分 明神ヶ岳
12時00分 矢倉沢峠
12時30分 金時山
13時00分 金時山発
13時40分 足柄峠
14時20分 足柄駅(買い出し)
14時50分 あしがら温泉
距離は32キロ
(2017.5.13)

4月 大会 レポート
29日(祝) 第40回 記念大会武相マラソン大会 鈴木(諭)
第40回記念大会となる武相マラソンが、4月29日に2,286がエントリーし、 快晴のもと開催されました。

 ハーフマラソン、8kmの部ともに、 アップダウンが連続して続く厳しいコースを駆け抜けます。

 町田走友会からは、ハーフマラソンの部に7名、8kmの部に3名が参加しました。

 気温が上昇し、耐久レースとなるなか、 ハーフの部では39歳以下の部で田中(賢)さんが入賞にあと一歩の7位で、 60歳以上の部で、河合さんが見事に3位、西谷さんが6位に入賞されました。

 8kmの部39歳以下の部では大熊さんが惜しくも連覇は逃しましたが堂々の2位でした。

 地元の大会で、40回といった節目を迎えた大会で、 町田走友会からの出場者は全員完走を果たしました。

 武相マラソンも年々参加者が増加し、盛り上がりをみせるなかで、 地元走友会として次回も多数参加し、大会の盛り上げに貢献していければと思います。

(2017.4.30)

2月 大会 レポート
5日(日) 田中(一)
小雨混じりでしたが、寒くも無く呼吸も楽で、風が無風で絶好の気象条件でした。
大学生の先頭グループはハイペースなのに大集団で進み、8位まで62分台。
私も10kmを39分、15km迄4分/kmペースで走れました。
残り5kmからは練習不足を露呈して、最後の1kmは大失速で5分かかり、どんどん抜かれました。
しかし、練習不足の中、3年振りのハーフマラソン参加で、思ったより走れたのは、自信になりました。
武相マラソンは、8kmではなくハーフにチャレンジします。
(2017.2.13)
1月 大会 レポート
29日(日) 第69回町田武相駅伝 鈴木(諭)
一般男子の部で、町田走友会Aチームは、 1時間4分52秒の大会新記録で、3年連続5回目の優勝を遂げました!
 1区大熊さんは15分47秒の町田走友会の区間記録となる圧巻の走りで他チームを寄せ付けませんでした。 その後も実力のある選手で繋ぎ、持てる力を充分に発揮した勝利でした。
 若い選手で構成されるBチームも2位に入り、大いに存在感を示しました。Cチーム、Dチームも健闘しました。
 壮年の部となるEチームは、このところ個人大会でも年代別優勝、 入賞を逃していない石井さんが1区で18分47秒の区間総合最高タイムで走り、他チームを引き離し、 その後も順調に襷を繋ぎ優勝を遂げました。
 来年は記念すべき第70回大会。3月開催のようですが、 また地元チームとして大会を盛り上げらられたら良いと思います。
(2017.2.1)


簡単な感想でも良いですので、今後参加される方のためにも、 レポートよろしくお願いいたします。

戻る